敏感肌の美白化粧水

敏感肌の美白化粧水

選択枝が増えた敏感肌の美白化粧水

最近は、敏感肌用の美白化粧水が、以前にもまして充実してきています。
美肌や美白ケアを目指す人には心強いかぎりですね。
いろいろ試して、折りよく自分に合ったものに出会ったなら、ぜひとも末永く使い続けたいものです。
基本的に、化粧水は洗顔後の肌に水分を与えることで、角質層の乾燥を防ぎ、潤い分をキープするものです。お肌の水分が不足しがちな敏感肌には、スキンケア上で欠くことのできないアイテムだといえます。

敏感肌、美白化粧水選びのポイント

市販品を見ると、化粧水は大きく、さっぱり系としっとり系に二分されます。
敏感肌には、しっとり系が適しているとよく言われますが、自分の肌質に合っていれば何れもOKです。
美白ケアにはもちろん、ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分が入っているものを選びます。
また、アルコールなどの刺激成分が入っていないこともポイントになるでしょう。

 

一時、カネボウの美白化粧品で「白斑」が生じることが問題になりましたが、その原因になったのがロドデノールという美白成分です。
ほかにも、肌に負担をかける成分がありますから、そういった成分にも注意が必要です。
たとえば、ハイドロキノンなどもその作用が強力であるがゆえ、肌への「副作用」はないわけではありません。
その点、ビタミンCなどは使用実績が豊富にあり、長期間、問題になっていません。
敏感肌専門ブランドとして知られるディセンシアの美化化粧品サエルの場合でも、ハイドロキノンなどは無添加で、美白のためにはビタミンC誘導体を使ったオリジナル処方(ハイスピードメラノリターン)や、各種植物エキスが使われいます。

 

基本的には、肌本来の性能にのっとった美白ならば、肌のターンオーバーの周期よりも長い時間がかかります。
それより短い期間での美白を謳っている製品は注意したほうがよいでしょう。

化粧水は、使い方にも注意が必要

化粧水は、使い方も重要なポイントです。
NGは、コットンを使ってこすることで、これだと使用後にコットンの微細な繊維が肌に残り、肌への刺激になります。
敏感肌には特に、手のひらを使って、そっとつけるのがベストなのです。
使う際は、手のひらに適量をとり顔全体になじませてから、手のひら全体を使って肌に密着させるのがコツです。
ただつけるよりも、手のぬくもりをプラスした方が、美白成分や保湿成分の浸透度が格段に高まります。

 

それでも気に入ったものがなければ、例えば昔懐かしいへちま水などのオーガニックを試すのも選択肢のひとつです。
かつては、肌荒れ一般に効くとして、へちま水を美白化粧水のように使っていたもので、敏感肌でも使用に耐えます。
市販品もありますが、余裕があれば自分で栽培し、自作するのもオススメです。
それが面倒、という方は、やはり敏感肌用美白化粧水を購入するのが近道です。
ディセンシアのサエルなどには10日間トライアルセットが用意されていますから、まず、そういったセットでお試ししてみたらいかがでしょう。

サエル・10日間トライアルセット購入窓口

【ディセンシア・サエル・お試しセット】
●敏感肌用美白化粧水/ホワイトニングローション クリアリスト(医薬部外品)
●敏感肌用美白美容液/ホワイトニングエッセンス クリアリスト(医薬部外品)
●敏感肌用美白クリーム/ホワイトニングクリーム クリアリスト(医薬部外品)
サエルCCクリーム1回分プレゼント←New!

※10日間分特別価格 ¥1,480-
※送料無料
※コンビニ・郵便局・振込手数料無料
※30日間返金保証

容量換算合計4036円相当が⇒1480円

こちらからどうぞ▼▼


※ご注意!5月11日よりセット内容が変更になりました。
4月1日からの10日間トライアルセットの内容。
●美白化粧水(医薬部外品)14ml=529円相当
●美白美容液(医薬部外品)8ml=1872円相当
●美白クリーム(医薬部外品)9g=1620円相当
+サエルCCクリーム1回分プレゼント←New! 

敏感肌の美白化粧水関連ページ

美白化粧品の問題点
美白化粧品の問題点として話題になるのが、ひとつは値段です。そしてそれよりも重要なポイントが肌荒れや肌トラブルについて。

トップ 販売店 成分 口コミ トライアルセット